杉原たく哉「アジア図像探検」

2004年2月号~2016年4月号

2004年2月号~2016年4月号

回/年月号/タイトル。タイトル直後の( )内は編集部による内容補足

1/2004年2月 隠れた文字(象の図像今昔)

2/2004年3月 隠れた文字②(清朝の年画の猫)

3/2004年4月 形と文字

4/2004年5月 神になった文字

5/2004年6月 文字とユーモア

6/2004年7月 山を背負う亀

7/2004年8月 絵に込めた親心①(麒麟送子)

8/2004年9月 絵に込めた親心②(三元報喜)

9/2004年10月 中国の天狗

10/2004年11月 鹿と鶴の意味するもの

11/2004年12月 漢字世界のおおらかさ

12/2005年1月 コウモリは「幸せの天使」

13/2005年2月 ニワトリは出世鳥

14/2005年3月 天狗と鬼神

15/2005年4月 天狗の鼻はなぜ高い

16/2005年5月 なぜか似ている悪魔と雷神

17/2005年6月 雷神の冠、天狗の頭巾

18/2005年7月 快適! 流木ロケット

19/2005年8月 張騫は宇宙飛行士

20/2005年9月 龍と鯉の中間生物

21/2005年10月 ヒツジ幻想の東西

22/2005年11月 中国の巨人伝説

23/2005年12月 龍がうごめく中国大陸

24/2006年1月 羽人と羽民

25/2006年2月 「食われても」の覚悟

26/2006年3月 桑から生まれた子供

27/2006年4月 虎に育てられた人間

28/2006年5月 河伯と浦島太郎

29/2006年6月 許されて恥を知る

30/2006年7月 「義」に生きる男たち①(予譲)

31/2006年8月 「義」に生きる男たち②(聶政)

32/2006年9月 「義」に生きる男たち③(専諸)

33/2006年10月 「義」に生きる男たち④(荊軻)

34/2006年11月 古代中国のエドモン・ダンテス

35/2006年12月 孝養の光景①(閔子騫)

36/2007年1月 孝養の光景②(老萊子)

37/2007年2月 孝養の光景③(邢渠)

38/2007年3月 孝養の光景④(原穀)

39/2007年4月 孝養の光景⑤(羊公雍伯)

40/2007年5月 孝養の光景⑥(韓伯游)

41/2007年6月 孝養の光景⑦(丁蘭)

42/2007年7月 孝養の光景⑧(曾子)

43/2007年8月 女もつらい「義」の世界①(斉国の未亡人)

44/2007年9月 女もつらい「義」の世界②(梁国の美女)

45/2007年10月 女もつらい「義」の世界③(東帰の節女)

46/2007年11月 女もつらい「義」の世界④(貞姜)

47/2007年12月 女もつらい「義」の世界⑤(梁の国の節おばさん)

48/2008年1月 女もつらい「義」の世界⑥(魯国の秋胡)

49/2008年2月 匈奴に勝てた理由①(鉤騎)

50/2008年3月 匈奴に勝てた理由②(戟騎)

51/2008年4月 見返り美人風の孔明

52/2008年5月 鎖国日本に吹く大陸の風①(アイヌ人の肖像画)

53/2008年6月 鎖国日本に吹く大陸の風②(架空のアイヌ像)

54/2008年7月 鎖国日本に吹く大陸の風③(アイヌ叛乱)

55/2008年8月 鎖国日本に吹く大陸の風④(蠣崎波響/夷酋列像)

56/2008年9月 鎖国日本に吹く大陸の風⑤(波響その後)

57/2008年10月 馬は飛ぶか①(フライング・ギャロップ)

58/2008年11月 馬は飛ぶか②(写真で判明した間違い)

59/2008年12月 三国志と日本①(銅雀硯)

60/2009年1月 三国志と日本②(偽の銅雀硯)

61/2009年2月 三国志と日本③(鎌倉と鄴)

62/2009年3月 三国志と日本④(月夜山水人物図)

63/2009年4月 三国志と日本⑤(林和靖か諸葛孔明か)

64/2009年5月 三国志と日本⑥(太公望と諸葛孔明)

65/2009年6月 三国志と日本⑦(孔明、天の時を待つ)

66/2009年7月 西王母と牛首神①(墓室門柱拓本)

67/2009年8月 西王母と牛首神②(漢代画像石墓)

68/2009年9月 西王母と牛首神③(赤松子)

69/2009年10月 西王母と牛首神④(ミノタウロス)

70/2009年11月 西王母と牛首神⑤(河南省画像石)

71/2009年12月 西王母と牛首神⑥(高唐賦)

72/2010年1月 毛沢東 イメージ①(毛沢東の陶器人形)

73/2010年2月 毛沢東 イメージ②(名選手必ずしも名監督ならず)

74/2010年3月 毛沢東 イメージ③(文化大革命)

75/2010年4月 毛沢東 イメージ④(文帝・景帝)

76/2010年5月 毛沢東 イメージ⑤(張芸謀/HERO)

77/2010年6月 毛沢東 イメージ⑥(風化する毛沢東の記憶)

78/2010年7月 毛沢東 イメージ⑦(現代中国のジョーカー)

79/2010年8月 「かな」の文化発信力①(共生日本語)

80/2010年9月 「かな」の文化発信力②(東アジアの日本語)

81/2010年10月 「かな」の文化発信力③(中国の看板や商品)

82/2010年11月 「かな」の文化発信力④(日本イメージの力)

83/2010年12月 権力と美術①(伏羲女媧像)

84/2011年1月 権力と美術②(権力の四つのロジック)

85/2011年2月 権力と美術③(安土城が示す儒教的支配)

86/2011年3月 権力と美術④(安土城とモン・サン・ミシェル)

87/2011年4月 権力と美術⑤(日本の守護神ミカエル)

88/2011年5月 権力と美術⑥(青色瓦の安土城)

89/2011年6月 権力と美術⑦(安土城の選地理由)

90/2011年7月 権力と美術⑧(安土城築城の契機)

91/2011年8月 権力と美術⑨(信長は大天使ミカエルか)

92/2011年9月 権力と美術⑩(信長とフロイスの密談)

93/2011年10月 権力と美術⑪(安土城とキリスト教)

94/2011年11月 権力と美術⑫(イエズス会とベネディクト会)

95/2011年12月 権力と美術⑬(日本戦国時代の聖ヤコブ)

96/2012年1月 権力と美術⑭(サンチャゴ・マタインディオス)

97/2012年2月 権力と美術⑮(ポルトガル領日本)

98/2012年3月 権力と美術⑯(ポルトガルの衰退)

99/2012年4月 権力と美術⑰(リスボン大震災)

100/2012年5月 権力と美術⑱(英仏海峡と琵琶湖)

101/2012年6月 金閣幻想と五台山(1)(仏教的幻視の存在)

102/2012年7月 金閣幻想と五台山(2)(二階建ての渡り廊下)

103/2012年8月 金閣幻想と五台山(3)(日本全体を睥睨していた義満)

104/2012年9月 金閣幻想と五台山(4)(義満がモデルにした献文帝)

105/2012年10月 金閣幻想と五台山(5)(献文帝の鹿苑寺)

106/2012年11月 金閣幻想と五台山(6)(北魏の仏教)

107/2012年12月 金閣幻想と五台山(7)(義満の構想)

108/2013年1月 金閣幻想と五台山(8)(権力者垂涎の的・仏舎利)

109/2013年2月 金閣幻想と五台山(9)(金閣はなぜ金色なのか)

110/2013年3月 金閣幻想と五台山(10)(日本の五台山)

111/2013年4月 金閣幻想と五台山(11)(五色雲、金橋)

112/2013年5月 金閣幻想と五台山(12)(金橋現象の展開)

113/2013年6月 金閣幻想と五台山(13)(ブロッケン現象)

114/2013年7月 金閣幻想と五台山(14)(サンピラー現象)

115/2013年8月 金閣幻想と五台山(15)(五台山図の一部「道義蘭若」)

116/2013年9月 金閣幻想と五台山(16)(五台山にある「金閣寺」という寺)

117/2013年10月 金閣幻想と五台山(17)(道義の金閣幻視)

118/2013年11月 金閣幻想と五台山(18)(安史の乱)

119/2013年12月 金閣幻想と五台山(19)(王朝の守護神 文殊菩薩)

120/2014年1月 金閣幻想と五台山(20)(中国における仏教の「ローカライズ」)

121/2014年2月 金閣幻想と五台山(21)(不空の肝いりで金閣寺建立)

122/2014年3月 金閣幻想と五台山(22)(金閣は政権安定化構想のシンボル)

123/2014年4月 命の故郷へ①(ヒンドゥー教の礼拝の対象とは)

124/2014年5月 命の故郷へ②(ヒンドゥー教寺院の空間の意味)

125/2014年6月 命の故郷へ③(神話で共有された両性具有)

126/2014年7月 命の故郷へ④(性を賛美するインド寺院の女神)

127/2014年8月 命の故郷へ⑤(ヴィーナスの奔放な出生譚)

128/2014年9月 命の故郷へ⑥(禁欲の視覚的解放)

129/2014年10月 命の故郷へ⑦(オリエンタリズムに見る西欧女性)

130/2014年11月 命の故郷へ⑧(山水の世界と性的イメージ)

131/2014年12月 命の故郷へ⑨(中国文化が理想とする名石)

132/2015年1月 命の故郷へ⑩(性の交わりと自然感・生命感)

133/2015年2月 命の故郷へ⑪(墓地と風水思想)

134/2015年3月 命の故郷へ⑫(性的隠喩でとらえる山水世界)

135/2015年4月 バーナード・リーチと漢代画像①(陶板の絵はなぜ生まれたのか)

136/2015年5月 バーナード・リーチと漢代画像②(影響を受けた画像石の表現)

137/2015年6月 バーナード・リーチと漢代画像③(生命の樹のモチーフ)

138/2015年7月 バーナード・リーチと漢代画像④(扶桑樹の画像石と生命の樹)

139/2015年8月 バーナード・リーチと漢代画像⑤(新しい価値観を作品の表現に)

140/2015年9月 バーナード・リーチと漢代画像⑥(「西洋と東洋の融合」の具体化作品)

141/2015年10月 バーナード・リーチと漢代画像⑦(蓋付の碗と虎のような獅子)

142/2015年11月 バーナード・リーチと漢代画像⑧(西洋の双魚文と武氏祠の比目魚)

143/2015年12月 バーナード・リーチと漢代画像⑨(魚乗勇士図陶板)

144/2016年1月 バーナード・リーチと漢代画像⑩(アイデンティティの模索)

145/2016年2月 バーナード・リーチと漢代画像⑪(ウィリアム・ブレイク)

146/2016年3月 バーナード・リーチと漢代画像⑫(バーハーイー教)

147/2016年4月 自然観の東西①(東西「自然」「美術」概念の違い)