2012年12月号

《前号》 2012年12月号 《次号》

◆表紙

  • 東日本大震災復興支援企画 “書の力” 田中鳳柳 筆「蘇生日本」
  • 鄭書の憂鬱-鄭羲下碑翻刻三本 (閑話休題)鄭書に関する新情報1 ---写真・船本芳雲、文・日守菜穂子

◆書道界ニュース

  • 第44回日展、開幕――今村桂山氏に大臣賞、会員賞は中村伸夫氏
  • 日展入選者一覧
  • 創立50周年記念日書家展
  • 第15回記念公募インテリアの書展
  • 山田松鶴氏逝く----ほか

◆連載・コラム

  • 現代中国書法事情(251)王興家先生----種谷萬城
  • 現代中国巧藝事情(78)縁縁堂主人・豊子愷(3)----仲 佑樹
  • 丁亥印社リレー投稿(9)江戸の書探索 市河米庵賛----星臨閣主人
  • アジア図像探検(107)金閣幻想と五台山(7)----杉原たく哉
  • 瘦蘭齋樂事異聞(104)浦上玉堂雑感(1)----坂田進一
  • 短歌の景色(277)「玉錦 男女川 武蔵山 双葉山…来嶋靖生」----池田はるみ
  • 書巻の気(107) 石川九楊『名僧の書――歴史をつくった50人』----臼田捷治
  • 風のふーたん(84)----あつひろ

◆編集こぼれ話

【レポート】えっ、書道展が映画に!?

明治大学川島高峰ゼミナールの学生が、第47回北城書社展と代表・井垣清明氏を追ったドキュメンタリー映画『情報発信の一つの姿』を制作したと聞き、さっそく上映会に行ってきました。

事前に、動画サイトyoutubeに公開されていた予告篇(http://youtu.be/W1tzvFGl_tU)を見ていたので、いやがおうにも高まる期待。上映会のくわしい様子は本紙「ランダムハウス」で紹介していますが(是非ご覧ください!)、見事期待にこたえてくれる、実直な映画でした。

ところでこの「予告篇を作って宣伝したら」というのは井垣氏のアイディアだそうで。書道への関心を広めるための熱意には本当に頭が下がります。(編集部吉田)